Serviceアドプションのサービス

ビジョンを共感する

私たちは、転職を希望される方のビジョンを共感することからはじめます。
描くビジョンを共感したうえで、転職後の豊かな人生の実現のため、
業界専門のコンサルタントが確かな価値を提供します。

  • 01本質的な理解

    求職者を本質的に理解するためには、先ず求職者の話を聞かなければいけません。転職理由やご経歴の理解にとどまらず、普遍的な価値観、現在感じていること、言語化できていない潜在的な需要まで理解します。相手を本質的に理解し、転職後のあるべき姿をイメージすることで、真の価値提供を可能にします。

    View more

  • 02的確な求人情報の提供

    表面的な希望を満たす求人は転職市場に無数に存在します。しかし、そのような求人を大量に提案しても、企業と個人の最適なつながりを創ることはできません。本質を見極めた転職活動は常にシンプルです。客観的なデータに基づく的確な求人情報を提案することで、企業と個人の最適な接点を提供します。

    View more

  • 03応募書類の最適化

    企業の採用には、いつも組織戦略の課題がつきものです。書類選考の合否は「その課題を解決できる人かどうか」が判断基準となります。応募書類を通して、企業が抱える課題を解決できることを明示し、求職者への好感度や親和性の向上につなげることで、面接機会の創出の可能性を高めます。

    View more

  • 04成果に繋げる面接対策

    企業の組織戦略の課題と面接官の特徴を分析し、成果に繋げる面接対策を提供します。過去の経歴の的確な伝達手段だけではありません。企業が抱える課題や求める人物に合わせ、これまでの経歴や思考から有効な訴求ポイントを見出し、求職者が企業へ提供できる価値の高さを言語化します。

    View more

  • 05条件交渉

    求職者へのさらなる評価につながる訴求ポイントを体系的に図式化し、求職者の経歴、マーケットにおける価値、家族構成、キャッシュフローを明示したうえで、中立的な立場から、企業へ客観的かつ合理的な情報を提供します。企業からの最適な条件提示の実現を目指し、建設的な交渉を実施します。

    View more

サービスの流れ

私たちは、模範解答的な転職活動の支援でなく、企業の採用背景、求職者の転職事情を踏まえたサポートをワンストップで提供します。

転職準備期間

  1. 目標設定
  2. 情報収集
  3. 受験企業の選定

アドプションの主な役割

中長期視点を踏まえた目標設定サポート/目標を踏まえた採用情報の提供

面接期間

  1. 応募書類の作成・応募
  2. 面接日程調整・面接対策

アドプションの主な役割

企業の採用背景・採用担当者などの情報提供/求職者自身の強みの言語化の支援

フォローアップ期間

  1. 内定獲得・条件交渉
  2. 入社企業の決定
  3. 退職交渉・入社準備

アドプションの主な役割

企業と求職者の条件の擦り合わせ/過去事例を踏まえた入社前フォローアップ

転職サポートの実績

社会インフラ業界で500名以上の転職実績もつキャリアコンサルタントをはじめとし、業界に精通したキャリアコンサルタントが企業と求職者を支援しています。

  • 職種構成
    職種構成グラフ
  • 年齢構成
    年齢構成
書類選考通過率*1
  • 業界平均28%
  • アドプション平均42%
内定承諾率*2
  • 業界平均57%
  • アドプション平均4275

*1:候補者の紹介から面接へ進む確率 *2:内定提示後の承諾率

転職エージェントとは

ステークホルダーの問題を解決するパートナー

転職エージェントは働く個人および企業、更には社会をも含めるステークホルダーの雇用問題を解決するパートナーです。日本国内の雇用情勢は人口減少や少子高齢化により深刻な労働力不足に直面しています。また非正規雇用の増加に伴う賃金格差の拡大など、雇用問題の構造は複雑化しています。そのような社会情勢の中、私たちは個人と企業の最適なマッチング、女性の社会進出の拡大、高齢者が活躍できる環境の整備など、社会全体が直面している雇用問題の解決に取り組んでいます。転職エージェントの社会的責任は今後も更に拡大していきます。私たちは雇用問題の解決を導くスペシャリストとして、活力ある日本経済の実現を目指しています。

転職エージェントの社会的役割

転職エージェントの社会的役割

個人と企業における接点の多様化

インターネットの普及に伴い、個人と企業の接点は多様化しています。現在では、公共職業安定所などの公的機関、知人・友人・親戚などの縁故、転職エージェントや求人広告の人材サービスなどの多岐に渡る転職の経路が存在します。その中で近年は転職エージェントの存在感が増しています。その背景として従来の表面的な個人と企業のマッチングでは、期待した成果を上げられなかったことに原因があるのではないでしょうか。従来の転職経路では、個人の人生設計に関わる責任と重要性の理解不足のために成果が上がっていません。高い職業倫理感を持つ転職エージェントであれば、個人と企業の問題の本質を理解し、職業倫理に基づく問題解決力によって成果を上げることができます。

入職経路

入職経路

雇用概念の変化

人口減少と少子高齢化が重なることにより、企業の競争環境は更に厳しさを増しています。高度経済成長期につくられた日本の雇用概念の枠組みは、国内総生産の衰退リスクが高い今後の日本社会ではもはや通用はしないでしょう。若年に軸足をおいた従来のキャリア形成システムでは不十分といえます。新規事業の立ち上げ、既存事業の見直し、組織マネジメントの強化などの企業の戦略を成功へ導くためには、中高年層や女性の積極的な登用、アウトソースの有効活用などの様々な手段を考えていかなければなりません。今後の日本の労働人口における中高年層の割合は増加の一途をたどります。従来の雇用概念にとらわれず、労働市場の変化に順応した雇用概念の重要性が増しています。

年齢別労働人口

年齢別労働人口

Scroll Down

01本質的な理解

求職者を本質的に理解するためには、先ず求職者の話を聞かなければいけません。転職理由やご経歴の理解にとどまらず、普遍的な価値観、現在感じていること、言語化できていない潜在的な需要まで理解します。相手を本質的に理解し、転職後のあるべき姿をイメージすることで、真の価値提供を可能にします。

02的確な求人情報の提供

表面的な希望を満たす求人は転職市場に無数に存在します。しかし、そのような求人を大量に提案しても、企業と個人の最適なつながりを創ることはできません。本質を見極めた転職活動は常にシンプルです。客観的なデータに基づく的確な求人情報を提案することで、企業と個人の最適な接点を提供します。

03応募書類の最適化

企業の採用には、いつも組織戦略の課題がつきものです。書類選考の合否は「その課題を解決できる人かどうか」が判断基準となります。応募書類を通して、企業が抱える課題を解決できることを明示し、求職者への好感度や親和性の向上につなげることで、面接機会の創出の可能性を高めます。

04成果に繋げる面接対策

企業の組織戦略の課題と面接官の特徴を分析し、成果に繋げる面接対策を提供します。過去の経歴の的確な伝達手段だけではありません。企業が抱える課題や求める人物に合わせ、これまでの経歴や思考から有効な訴求ポイントを見出し、求職者が企業へ提供できる価値の高さを言語化します。

05条件交渉

求職者へのさらなる評価につながる訴求ポイントを体系的に図式化し、求職者の経歴、マーケットにおける価値、家族構成、キャッシュフローを明示したうえで、中立的な立場から、企業へ客観的かつ合理的な情報を提供します。企業からの最適な条件提示の実現を目指し、建設的な交渉を実施します。